デブでも似合う服装、デブでは絶対に似合わない服装・・・

「自分はこんな体型(デブ)だから、何を着ても似合わない~!」って思っている人はいませんか?

確かに、世間のトレンドやファッション誌は、
細くてスタイルが良い人がモデルになっているみたいなので、
あのファッションを、そのまま取り入れていてはNGだと思います。

ぽっちゃり体型の人は、
とりあえず「自分に似合う服と似合わない服」を知ることから始めましょう。

まず、ぽっちゃり体型の人は黒い服が良いです。
黒は引き締まって見えるカラーなので、スリムに見えるんですよ。
でも、全身黒ずくめだとお葬式帰りの人になってしまうので、気をつけましょうね。

やはりお腹周りが気になると思うので、
ゆったりとしたワンピースなんかが、体型カバーがしやすいと思います。

しっかりとした生地より、柔らかい素材のワンピースが良いですね。
Aラインのワンピースは、実はぽっちゃり女子にとても評判が良いアイテムなんですよ。

シャツワンピースもおススメです。

ベルトをして、ウエストラインをつくるのはどうでしょうか。
高めの位置でベルトをすると、意外とスリムに見えますよ。

また、ネックレスなどのアクセサリーをつけたり、スカーフを巻くのもオシャレ!
人の目線を上に持ってくることで、体型をカモフラージュできます。

スカート丈は、マキシマム丈で足を隠すのがベストでしょう。
レギンスやスキニーパンツなどを着用しても良いですね。

それと、ぽっちゃりさんが似合わない服についてですが、
サイズの小さい服、見るからにピチピチのカットソーなどは止めましょう。

自分では分かりづらいかもしれませんが、
背中のブラからはみ出たお肉は、かなり見苦しくなってしまいます。

逆に、いくら体型が隠れるといっても、
サイズが大きすぎる服は、かえって太さを強調してしまいますよ。

あと、色や柄によっても太って見えてしまいます。

大きな柄のデザインや、ボーダーは太って見えると言われていますし、
明るいパステルカラーも、本当に体型より太って見えてしまう可能性もあるそうです。

このような事に気をつけて、ファッションを楽しみましょう!

 

 

Post a Comment

Your email is never shared. Required fields are marked *

*
*