ペヤングにゴキブリが混入!?あきれた食品管理

先日、ペヤングの焼きそばからゴキブリが出てきたという事で、商品が自主回収されました。

ニュースでは「ペヤングに虫が混入していた」と言っていたので、
小さな小ハエのような虫をイメージしていた人も多かったようですが、
ゴキブリが入っていたなんて、かなりインパクトがありますよね。

そもそも事件の発端は、ある人が12月2日に「ペヤングにゴキブリが入っていた」と言って、
黒い異物が写っている画像をツイッターにアップした所から始まったそうです。

その翌日、その人が販売元である「まるか食品」に連絡を入れると、
担当者が来て謝罪して、虫が入っていた麺や容器など回収していったみたいです。

それから異物混入となった商品と同じ日に製造された物が自主回収されました。

その時、まるか食品の担当者は「自主回収は万全を期すため」であって、 「通常の製造工程上で、このような混入は考えられない」と言っていて、 「虫が入っていたという苦情は初めて」だと説明していましたが・・・

その後、何人もの消費者から「今までにも同じような苦情を入れた」という声が上がったそうです。

ある男性は数年前に、虫が混入しているのを見つけて苦情を入れたのだが、
「あり得ません」という言葉で片付けられてしまったと言っていました。

今回の虫混入の件で、消費者の人が保健所や製造会社に知らせる前に、
ツイッターで個人的につぶやくのは軽率だったのではないか?・という意見もあるようですが、
もしその人がネットで公表しなければ、この事件も揉み消されていたかもしれませんね。

私もネットでゴキブリが入っている画像を見ましたが、
乾麺にめり込むような感じで入っていたので、やはり製造途中に入ったものだと思います。

実際に工場に勤務していた人が言うには、 製造現場はけっこう汚かったので、ゴキブリくらいはいたかもしれないとのこと。
消費者の立場からすると・・・ちょっと気持ち悪いですね。

これからまるか食品のペヤングがどうなるのか分かりませんが、
今まで以上に、防虫や異物混入に対する対策をちゃんと行っていってほしいと思います。

 

 

Post a Comment

Your email is never shared. Required fields are marked *

*
*